まずは本来あるべき位置に胸を戻すことから始めましょう!

胸の形が離れているという方は、まずは肩こりがないかどうかをチェックしてみてください。

肩こりがあると背中や腕の筋肉が硬くなって縮こまってしまうため、背中や両脇に胸が引っ張られてしまい、胸が左右に広がって離れてしまいます。

また、胸の血液循環が悪くなると、胸の周りの筋肉も強ばって硬くなり、胸は離れてしまいます。

胸が引っ張られて離れるということは、皮膚によって胸が押しつぶされてしまう状態になってしまうので、形が悪くなるだけではなく胸も小さくなってしまうことに繋がります。

このような状態のままだと、バストアップのためにマッサージやエクササイズをしても効果がありませんし、バストアップサプリを飲んでも形の良い胸にすることはできません。

ですので、胸の形が離れている方がバストアップをするという場合は、まずは本来あるべき位置に胸を戻すことから始めてください。

離胸を解消するには、肩や胸周りの筋肉をチェックして、どこが硬くなっているのかを見極め、原因を突き止める必要があります。

硬くなっている筋肉を見つけたら、その筋肉が柔らかくなるようにマッサージをしたり、ストレッチなどを行って血液循環を促進するようにしましょう。

肩や背中の筋肉は自分でマッサージをするのが難しいので、ゆっくりと湯船に浸かって温めたり、肩周りや背中を伸ばす運動などで体を動かして柔らかくするのがオススメです。

胸が冷えているという場合は、リンパマッサージで老廃物や水分を流すのが効果的になります。

リンパマッサージは、まずはリンパの流れを司る鎖骨の下の部分を重点的に、内側から外側へ優しくマッサージしてから、脇の下にあるリンパ節をよく揉みほぐしながら刺激してリンパの出口をしっかり作ってあげます。

そして、胸の脇の部分から丸みに沿って内側に、そして外側に向かって流したら、脇の下のリンパ節にリンパを流し込むようなイメージでマッサージしてください。

このように胸の形が離れている原因を取り除いてからバストアップサプリを服用すると、効果的に胸を大きくすることが出来ます。