食べ物でバストアップするには限界がなります!

バストアップの方法というと外側から働きかけるものが多いですが、実は栄養素の中にも胸を大きくする働きを持っているものがあるので、体の中から変えることも不可能ではありません。

バストの大きさには乳腺が関係しており、発達していれば乳腺を守るための脂肪がたくさんつくので必然的にバストが大きくなります。

乳腺を発達させるのは女性ホルモンなので、活性化させる成分を摂取することでバストアップにつながるのです。

女性ホルモンを活性化させる成分には色々ありますが、食べ物から摂取しやすい成分はボロンと大豆イソフラボンです。

つまり、胸を大きくさせる食べ物はボロンが豊富に含まれるキャベツやりんご、そして大豆イソフラボンの含有量が多い納豆、大豆飲料、豆腐、油揚げなどの大豆加工食品になります。

一昔前になりますが、グラビアアイドルがキャベツを食べ続けてバストアップに成功した、というニュースもあったのです!

胸を大きくする食べ物と言っても、その効果を得るだけの成分を摂取するのは容易なことではありません。

例えば、キャベツなら1日1個食べる必要があり、実際に食べ物だけで胸を大きくするというのはかなり難しいと言えます。

少量でバストアップができる成分としてはプエラリアが挙げられますが、日本ではプエラリアをそのまま摂取するのは難しくなっています。

ですが、効果の高い成分の含有量が高いサプリメントを摂るということで、同じ効果を得ることができるのです。

食べ物から摂取するのが理想と言っても、必要量を摂取できなければ効果は得られないので、プエラリアなどのバストアップ成分がたっぷり入ったサプリメントを代用するのが効率の良い方法と言えます。

ただサプリメントを選ぶ時にはついつい値段で決めてしまいがちですが、低価格なものは必要成分の含有量が少ないため効果が得られないことが多いので、値段ではなく含有量で選ぶようにするのが、バストアップ成功の秘訣です。