お風呂でのバストアップマッサージはやり過ぎに注意!

乳腺にダイレクトに刺激を与えるバストアップマッサージは胸を大きくするのに効果的ですが、忙しくて時間が取れないとなかなか続かないものです。

そんな方でも、毎日続けやすいのがお風呂の時間を利用したバストアップ方法です。

入浴中は脂肪も柔らかくなっているので移動しやすく、さらに代謝が促進されて血流もスムーズになるため、より効率良くマッサージができるので実践してみて下さい!

バストアップマッサージはバストだけをマッサージすると言うイメージがあるかもしれませんが、二の腕や背中、お腹周りのマッサージから始めます。

まずは、二の腕や背中の脂肪を優しく揉んで柔らかくし、胸の方に流すというマッサージを念入りに繰り返してください。

お腹周りの脂肪は全体的によく揉んだら、あばら骨を締めるような感覚で、外側からおへそに向かってマッサージします。

脂肪をしっかりと中央に寄せたら、その脂肪を胸に集めるようなイメージで上に向かって撫で上げていきましょう。

このマッサージをすることでバストアップに必要な脂肪をバストに集中させることができ、効果を高めることができます。

そしてメインとなるマッサージは、バストの外側から丸みに沿って下側を通りみぞおちまで流し、みぞおちから上側を通って脇の下のリンパ節に流すように行ってください。

バストに集めた脂肪を丸いお椀型に整えるようなイメージで、優しく円を描くように行うといいでしょう。

この一連のマッサージは10分ぐらいを目安に毎日きちんと行っていけば、バストアップ効果を得ることができます。

ただし、力を入れすぎると逆にリンパや血液の流れを悪くしてしまうことがありますし、筋肉を傷めてしまうこともあるので気をつけてください。

また、頑張りすぎて長時間マッサージしていると、脂肪が燃焼されてしまうので胸が小さくなってしまうこともあります。

お風呂でのバストアップマッサージは正しいやり方だとバストアップ効果が高いのですが、力の入れ方と行う時間によって効果が変わってくるので、やりすぎには注意して下さいね!